キービジュアル

不動産お役立ちコラム

Column

VOL.06 いくらの物件が買えるの? 予算の目安を確認する方法は?

VOL.06 いくらの物件が買えるの? 予算の目安を確認する方法は? ※2019年4月現在

ショーコちゃんねえねえ。友達のお兄さんが家を買うって決めたんだけど「いったいいくらのものが買えるんだろう」って悩んでたよ。
ハカセそうじゃな。家を買いたいと思ったら、物件価格のおおまかな目安を決めてから探し始めたいものじゃ。大まかに「物件価格は年収の5倍まで」と言われるが、地域や生活状況によって異なるため、一概には言えん。購入には、「頭金」「住宅ローン」を合わせて「いくら払えるか」を考えたい。
イッセーくん頭金が多いと、ローンが少なくて済むよね。安心だ。
ハカセそうじゃ。ただし、預貯金を全部、頭金につぎ込むと、住宅購入後、急な支出が必要となったときに対応できなくなる。頭金は、だいたい物件価格の1割~2割、理想は2割じゃよ。このほか、諸費用が、物件価格の1割程度、必要なことも頭に入れておきたい。頭金や諸費用を払っても、家族で半年は暮らせるような生活費が残る家計にしたいぞ。頭金が足りない場合は、親から援助してもらうなどの方法を以前、解説したから、もう一度、おさらいしてほしい。
ショーコちゃんじゃあ、住宅ローンの借入額はどうやって決めたらいいの。
ハカセ一つに今、賃貸であれば、その家賃を元に考えることができる。毎月の家賃が管理費込み7万円の場合で、これで毎月、貯蓄もできてあまりきついと思わないなら、これを毎月返済額の上限と考えてみることじゃ。ただし、マンション購入の場合、これに駐車場代や管理費、修繕積立金が1万円~4万円ほどかかるから、それだけ増えてもよいように資金計画を立てたい。なお、管理費や修繕積立金は、住んだあと何年かして値上げされるのが通常じゃよ。その分も考えておこう。
イッセーくんマンションを買うなら、家賃だけで考えちゃいけないんだね。
ハカセそうじゃ。借り入れの目安を知る一つの例じゃが、フラット35を扱う「住宅金融支援機構」が提供している次のサイトでシミュレーションができるぞ。
https://www.flat35.com/simulation/sim1.html

毎月返済額を7万円として、みてみよう。
この場合、金利が1.5%、35年元利均等返済とすると、2286万円を借り入れできる。これに頭金を460万円出すとしたら2746万円までの物件が買える目安じゃ。家賃が6万円なら、借入額は1959万円となる。
イッセーくんじゃあ、今、親と一緒に自宅に住んでる人はどうやって考えたらいいの。
ハカセ自宅にいて、結婚と同時に新居に住むなどの場合は、年収で考えてほしい。年間返済額は年収の25%が理想じゃよ。この場合、年収400万円であれば、ボーナス払いを含めて年間100万円を住宅ローンにあてることになり、毎月8万3333円が返済額じゃ。この金額で返済できるか考えてみたい。車のローンなどを払っていれば、それらを加えて負担にならないかも考えてみたいぞ。
イッセーくんじゃあ、年収400万円ならいくら借り入れできるの?
ハカセ先ほど紹介したサイトで確認してみよう。

だいたい、年収400万円で、金利1.5%、35年元利均等返済とすると、3810万円となるな。年収500万円なら、4765万円じゃ。ただし、前回も注意したが、借り入れできる金額と返せる金額は違う。5000万円近く借りられても、金融機関が借りた人に「これだけ返せますよ」と太鼓判を押したわけではない。家計の中身まで、金融機関がわかっているわけではないからな。特に、今は金利が低い分、多く借りられる。実際の返済可能額を上回って借りられる可能性も少なくないんじゃよ。
イッセーくん、ショーコちゃんうううん、本当にそうだね。返せるかは自分にしかわからないもんね。
ハカセ長い人生、住宅を購入後も、子供の成長に伴って、さまざまなお金がかかる。不意のことで働けなくなる可能性もゼロではない。親の介護で仕事を辞めなければならないかもしれん。

こういったことを想定して、家計に余裕をもって必ず「返せる金額」で借り入れするのが基本じゃ。大まかな予算を立ててから、家探しをするほうが、リスクが少ないぞ。 一誠商事では、買いたい家が見つかる前から、資金計画を総合的にシミュレーションし、プランを提案しておる。物件がきまっていなくても、その人に合ったプランを提供しておるから、相談してみてほしい。
ショーコちゃんわかったハカセ!今回もありがとう!

今回のポイント

  • その1 買える家は、1~2割の頭金とローンの合計額
  • その2 購入後も貯蓄は最低でも半年分の生活費を残そう
  • その3 今の家賃や年収25%分で考えてみる