キービジュアル

不動産お役立ちコラム

Column

VOL.13-1 賃貸か購入か、ほんとはどっちがいいの?その1

VOL.13-1 賃貸か購入か、ほんとはどっちがいいの?その1 ※2019年11月現在

イッセーくんねえねえ、親戚のお兄さんが「今の賃貸より家を買うほうがいいのかなあ」って悩んでるの。どっちがトクなの?
ハカセ そうじゃのう。賃貸か購入かは永遠のテーマといえる。どっちがよいかは一概には言えない。人それぞれじゃ。自分の状況を考えて、答えを出すようにしたいのう。一つずつテーマを絞って考えていこう。

購入のメリットとして、多くの人が考えるのは「資産として残る」ということじゃろ。賃貸は家賃を払っているが、あとには残らん。じゃが、購入すれば、ローンの返済が終わったあとは自分のものじゃ。このため、老後の住処を探す不安がなくなる。

また、ローンを組んでいる間は、団体信用生命保険というのに加入する例がほとんどじゃ。これは、ローン返済期間中に本人が死亡したり、高度障害(条件あり)を負ったりすると、ローンの返済義務がなくなるものじゃ。残された家族にとっては、住み続けられるというのは助かるぞ。

一方で、購入は、定住を意味する。これは裏返せば、住み替えがしづらいということじゃ。もし、購入したあとに、子どもが生まれて「狭くなったから広い家に越したい」「子どもの学区を変えるために、違う市町村に行きたい」と思っても、まず、家を売ることから始めないといけない。

そして、その家がなかなか売れなければ、住み替え計画が進まないぞ。もし、売れなければ、我慢して暮らし続けるか、別の資金を手当てして住み替えなければならない。住み替えられても、前の住まいをどうするかを考えないといけない問題もある。貸すといっても借主が簡単に見つかる保証はない
イッセーくん買ってしまうと、住み替えするなら面倒なんだね。
ハカセ そうならないためには、買うなら考えたいことがある。「売りたいときに望む価格で売却できる」=「資産」になる住まいを選ぶんじゃ。多くの人が望む住まいこそ、本当の「資産」じゃろ。これは、たとえば、駅からの距離や広さ、周辺環境、災害リスクのない土地、そして管理といえるぞ。これらが売却時の価格に反映されるんじゃ。
ショーコちゃん ふーん、わかった。よく考えたいねえ。じゃあ、賃貸を教えて。購入のメリットが賃貸ではデメリットになるってことだろうけど、賃貸もメリットはあるよね?
ハカセ 賃貸のメリットは、購入とは別に住み替えのしやすさといえる。せっかく購入しても、転勤になってしまえば、その家に住めない。貸してもよいが、借り手が見つかるかなどの手間があるし、何よりも自分が住まないのに家は古くなっていく。こうなると、転勤のある人は、定住する時期まで購入を待つのがよいかもしれん。

住み替えしやすいということは、家族の人数の変化や家計支出の負担感次第で、家賃を増減できるのも良さじゃ。子ども部屋がいらなくなったら、夫婦二人で狭い部屋に住み替えれば家賃の負担を減らせる。また、「ローンを払えなくなってこの住まいを失うかもしれない」という不安がない。

「高齢になったときに貸してくれない」という思いをもつ人が多いが、たとえば保証人がいないという不安には、最近では保証会社を利用すれば高齢でも貸してくれる場合がある。保証人が不要のUR賃貸住宅を選ぶ方法もあるぞ。最近では、高齢者の入居を拒否しない住宅を集めたサイトもたくさんあるぞ。

さらに将来、実家に戻るなど、住む可能性がある家が夫婦いずれかにあるなら、賃貸で暮らすという選択肢がアリじゃな。
ショーコちゃん購入ならもっと先を見越して資産になるかどうか、賃貸なら住み替えのしやすさを考えてってことだね。
ハカセ そうじゃな。加えていえば、賃貸の住み替えのしやすさは、音問題などで悩むことがあっても引っ越せば解決する、という面もあるぞ。悩み続けても引っ越しを決断できないのはなかなかストレスじゃ。
イッセーくんうううむ、近隣トラブルは難しいね。あとは何があるかな?
ハカセ まあ、待て。今回はここまで、詳しいことは次回じゃ!
ショーコちゃんうわあ、ここまでなの。
イッセーくん早くお願い。楽しみにしてる~!

今回のポイント

  • その1 購入なら先を見越して資産性を考えて選ぼう
  • その2 資産とは適正価格での売却可能性のこと
  • その3 賃貸なら住み替えのしやすさが良さ