キービジュアル

不動産お役立ちコラム

Column

VOL.17 「ZEH住宅」「LCCM住宅」ってなぁに?

VOL.17 「ZEH住宅」「LCCM住宅」ってなぁに? ※2020年5月現在

ショーコちゃんねえねえ、お友達が一戸建てを建てることになったんだって。ZEH住宅とかいうらしいの。なんだか難しいね。どんな住宅なの?
ハカセおー、なかなかのご家族じゃのう。

ZEHは、「ゼッチ」と読む。Net Zero Energy House(ネット ゼロ エネルギー ハウス)の略じゃ。国は、「2020年までにハウスメーカーなどが新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定しておるぞ。

毎日、電気やガスを使う生活は不可欠じゃ。ここで断熱性能が低い家だと、いくらエアコンの設定を高めてもなかなか暖かくならん。そうなると、ガスストーブなどを入れてしまうおうちもあるじゃろ。だが、そうなると暖房費は高くなる。夏もエアコンが効きづらいと、寝苦しいだけでなく、設定温度を低くするから電気代は高くなる。

ZEH住宅は、こういった生活とは逆の快適な暮らしを実現したものじゃ。

そのポイントは3つある。
  • まず、冬に暖かく夏は涼しい生活ができるように、建物の断熱性を向上させる。壁などを高断熱にして、さらに二重窓を設置し、暖気を逃さず寒気が入りにくいようにするさまざまな工夫を施す。これでエネルギーの使用量を抑えられるな。
  • 次に、空調や照明、給湯、換気といった箇所に省エネ効果の高い設備を導入する。これだけでもエネルギーの使用量は減る。たとえば、LED照明にすれば、白熱灯などと比べれば毎月の電気代は減るじゃろ。
  • 最後に、太陽光発電システムなど再生可能エネルギーシステムを導入して、自分たちでエネルギーを賄うんじゃ。エネルギーを自分の家で作れば、電力会社から電気を買う分は減るな。
つまり、ZEH住宅とは、「快適な室内環境」と「年間のエネルギー消費量が正味でかねがねゼロ以下」の2つを同時に実現する住宅だということじゃよ。つくるエネルギーのほうが、消費するエネルギーよりも多くなる住宅を目指すんじゃ。
ショーコちゃん、イッセーくんへー。すごいね!!
イッセーくん自分たちで使う光熱費を抑えられたら、生活費も助かるし、さらに地球にも優しいね。
ハカセそうじゃな。地球のためにも、みんなで環境を考えたい。そして、もう一つ。「ZEH住宅」をさらに超える未来のエコ住宅ともいえる「LCCM住宅」というのもあるぞ。
ショーコちゃんえー、それは何?もっとすごいの?
ハカセ「LCCM住宅」とは、Life Cycle Carbon Minus(ライフ サイクル カーボン マイナス)の頭文字をとったものじゃ。

 住宅は、建てるときからすでに二酸化炭素(CO2)を排出している。そしてながーい将来、取り壊すときにもCO2は発生する。これらをできるだけ減らすんじゃ。さらに、太陽光発電などを導入して再生可能エネルギーをつくり、そのエネルギーの余った分を、建てたときや壊すときなどで出たCO2量を差し引くんじゃよ。
つまり、一つの住宅に関して排出されるCO2の収支を結果的にマイナスにするものじゃ。今あるなかでは、「環境への配慮が最高水準である家」といえるな。
イッセーくんうわあ、すごいね。
ハカセもちろん、「LCCM住宅」は、「ZEH住宅」と同様に、冬暖かく夏涼しいという快適な生活が得られるうえ、光熱費も少なく済むという大きなメリットがある。
建売住宅でも、「ZEH」や「LCCM住宅」を選ぶと、環境に貢献でき、光熱費を減らしたうえで快適な暮らしができるぞ。
イッセーくんそうだね。未来の子どもたちのためにも大事な話だね。ハカセ、今回もありがとう!

今回のポイント

  • その1 ZEH住宅は、高断熱・省エネを導入し太陽光発電などで発電し、つくるエネルギーが多い住宅を目指す
  • その2 LCCM住宅は、建築時から取り壊しまでの長期のCO2排出量をマイナスにするために工夫した最高水準の住まい
  • その3 いずれも光熱費を減らして快適な暮らしができる家を実現する